アフターピルの使用失敗とその原因

避妊失敗したのはなぜか知りたいイメージ
何事においても100%に完璧と言うものは少ないかと思います。それは、アフターピルの使用に関しても同じ事が言えるのです。正しい服用方法で使用すれば95%以上もの成功率があると言われていますが、それはあくまでも用法・用量を正しく守った場合のみの確率になります。その為アフターピルを飲んだにも関わらず避妊に失敗したと言う人も少なくありません。

アフターピルは、一般の薬とは違い細かな使用条件や使用方法を守る事が重要なポイントになります。そのため服用する際は必ずそれらを守る事が大切となりアフターピルにも失敗のリスクがあると言う事を知っておくことが大切です。

アフターピルで避妊に失敗する理由

アフターピルを服用したにもかかわらず避妊に失敗する理由にはいくつかあります。まず、2回の服用が必要なタイプの場合、失敗のリスクとして多いと言われているのが飲み忘れです。72時間以内に1回目の服用が必要になるアフターピルですが1回目の服用の時間ばかり気にしていて、それを飲んでしまえば一安心して2回目を飲み忘れてしまう人が多くなっているのです。

これでは、避妊効果はかなり低下してしまいます。アフターピルを服用することで、妊娠しない体を作る効果によって避妊を行う流れになっています。その体作りは、1回の服用では十分ではありません。その為、2回目の服用が必要になってくるのです。その事を知らずに1回飲んだからと安心していると避妊を失敗するリスクが非常に高くなってしまうのです。

そのため万が一2回目の飲み忘れに気付いた際は、すぐに服用するよう注意が必要です。その他、避妊の失敗のリスクが高まるものとして、嘔吐があります。アフターピルの副作用として、最も多いと言われている嘔吐。そんな嘔吐によってアフターピルの成分が十分体に行きわたる前に吐き出してしまう可能性があるのです。

副作用の嘔吐で避妊効果を下げてしまわないように要注意が必要!

アフターピルの副作用で吐き気がある女性
嘔吐が心配な場合は、あらかじめ吐き気止めを飲んでおく事をお勧めします。もしくはすぐにもう1錠を服用しましょう。そして、その後吐き出さないでいられるか、3時間経過して吐き出してしまうかのどちらかであれば薬の成分は身体に吸収されているので問題はありません。ただし、2度目も吐き出してしまった場合には病院を受診するようにしましょう。

そうする事で、嘔吐による避妊の失敗へのリスクを軽減させる事が可能になります。この他にも、しっかりと服用方法を守ったにも関わらず避妊を失敗したと言う人もいます。その場合、考えられる原因としては以前から妊娠していたと言う事が考えられます。この場合、いくらアフターピルを飲んでも、妊娠後の体には意味がありません。

このように避妊に失敗する理由には、いくつもの理由があります。一つでも当てはまる場合、避妊を成功させる事はできません。その為、必ず72時間以内に1回目の服用を行う事。もし、2回目の服用が難しい場合や忘れてしまう可能性がある場合は、服用回数が1回のアフターピルを選び、飲み忘れによる失敗のリスクを軽減させる事をお勧めします。

アフターピルの使用失敗の確率

アフターピルの失敗のリスクは、1回の服用タイプ、2回の服用タイプのどちらにも言えるのが、服用するまでの時間で避妊効果が異なるということです。失敗のリスクを最小限にしたいのであれば、出来るだけ早く服用を開始する事が大きなポイントになると言えます。

アフターピルの使用失敗の確率は一般的に服用までの時間別で示す事ができ、直後から12時間以内の服用で失敗の確率は0.5%。13~24時間以内の服用で1.5%。25~36時間以内の服用で1.8%。37~48時間以内の服用で2.6%。49~60時間以内の服用で3.1%。61~ 72時間以内の服用で4.1%となっています。

この数字の変化から見ても分かるように12時間以内に服用した場合、ほぼ100%に近い確率で避妊に成功すると言う事が言えます。反対に72時間以内の服用で避妊する事ができると言われるアフターピルですが、その72時間ギリギリに服用した場合は、96%ほどの成功率にまで下がってしまうのです。

避妊失敗率を下げる為には

避妊失敗しない為に常備がおすすめ
少しでも妊娠のリスクを下げたい場合は、いち早くアフターピルを服用する事が鉄則になってきます。とは言ってもアフターピルの場合、ドラックストアなどで購入する事ができない薬の為すぐに準備する事が難しいと良い人も多いと思います。
アフターピルの入手方法は2つ。婦人科での処方と通販での購入になります。婦人科の場合、平日ならばいつでも受診し、入手する事が可能かと思います。しかし保険適用外となる為、自費診察になり費用は高額です。また土日祝日の場合、診察を受ける事が難しくなる場合も考えられます。

通販の場合は個人代行輸入を通しての購入になる為、手元に届くまでに時間がかかってしまいます。その為、服用したいと思った時に注文するのでは遅いかと思います。その事から考え、通販で購入する場合は万が一のことを考え、あらかじめ購入しておく事をお勧めします。