副作用が気になる、アフターピルの服用

最近では避妊具のなかでもアフターピルの存在が目立つ様になってきました。計画性の無いセックスや、コンドームの破損などと言った性行為のトラブルをいち早く解決してくれるとっておきの避妊具ですが、体に大きな負担がかかってしまう事は免れません。一般的に避妊薬として使用されている低用量ピルよりも多く女性ホルモンが配合されています。

その為に体内の女性ホルモンの分泌量の変化が大きくなるため服用した時の副作用も出やすく、吐き気や嘔吐、頭痛といった症状が出やすくなってしまいます。果たしてそんなアフターピル、他にどのような副作用があるのでしょうか?今日はその副作用や対処法についてお伝えしていきますね。

アフターピルの避妊効果とその仕組み

ピルに入っている主な成分は、黄体ホルモンのプロゲステロンと同じ作用を引き起こすもので、生理を誘発させる働きをします。生理を自然の流れとは逆らって引き起こす事で受精卵着床を予防し、高い避妊効果が得られるというメカニズムです。

生理は主に2つの女性ホルモンが関係しています。「卵胞ホルモンのエストロゲン」と「黄体ホルモンのプロゲステロン」です。卵胞ホルモンのエストロゲンが大体4週間に一度卵子を排卵させる働きをもっています。それが子宮内膜を厚くしていき、妊娠が可能になる準備をしていくのです。

排卵が行われ、4週間が経過すると卵胞ホルモンのエストロゲンが減少してきます。この減少時に黄体ホルモンのプロゲステロンが分泌し始めます。この時期がまさに子宮に受精卵が着床出来るという妊娠準備の期間となるのです。この黄体ホルモンのプロゲステロンの分泌がなくなると同時に、生理が起きるという仕組みです。ピルを服用する事によって、黄体ホルモンのプロゲステロンが分泌されている状態を体内で作り出します。
その後、黄体ホルモンのプロゲステロンの分泌されない状態を作り出し、生理を引き起こす事で、避妊効果が得られるということです。

合わないアフターピルで起こる強い吐き気、嘔吐

強い副作用で嘔吐がある
今や種類が沢山ある中で「自分の体に合わないピル」というのも存在します。逆を言えば自分にあったピルを探す事が可能なので医師と相談する事が大切です。ピルの主な成分は黄体ホルモンのプロゲステロンと同じ作用を引き起こすもので、生理を誘発させるものです。

これが自分の体と反応して起きる強い吐き気、酷い人だと嘔吐に至ってしまいます。2時間を満たさずにして嘔吐をしてしまった場合は成分が体内に吸収される前ということになるので、飲み直さなくてはいけません。もしもの場合に備えてきちんと服用した時間を記憶しておく様にしましょう。また、そのような場合に確実に対処出来るためにも予備のピルを準備しておくことも心がけましょう。

無排卵周期症とは

無排卵周期症は日常のストレスや生活環境の変化によって生理の周期が不規則になる症状のことをいいます。体がだるくなり、基礎体温の変化などもほとんど無くなるので、月に数回生理が来るなどの症状が起こる事もあります。そして無排卵周期症はこの他にも数週間の不正出血が続き月経の量もごく微量になってしまいます。

無排卵周期症はストレスの多い思春期の女性、又は閉経直前の更年期の女性に多いとされています。自然に完治することも多くあるそうなので、まずはストレスとどのように向き合うかを考える事で改善する可能性を高められそうですね。

喫煙者は要注意!血栓症のリスクとは

喫煙者は要注意
中容量ピルの血栓症のリスクを比べると、低用量ピルの副作用に対してかなり高くなるといえます。水分をこまめに摂取する事を心がけたり、デスクワークや運転など、何時間も同じ体勢のまま過ごす事はなるべく避けましょう。足の痛みや腫れ、胸の痛み、腫れや息切れなどの症状がでたら一度医師に相談することをおすすめします。

水分を取ることや、軽い有酸素運動を取り入れるなど、日頃から健康的な体作りを行う事がポイントです。喫煙者の女性は特に注意が必要です。喫煙者のピル服用後のリスクは喫煙しない女性と比べるとなんとリスクが5倍にも跳ね上がってしまいます。喫煙することにより血管が収縮される為、より血栓ができやすくなるのです。

こうして出来た血栓が毛細血管から動脈などに流れ、少しずつ詰まる可能性も少なくありません。タバコの喫煙量にもよりますが医師の処方が不可能な場合もあります。

いかがでしたでしょうか。

ピルにかかわらず、これから服用するものの副作用をきちんと学んでおく事で、血栓症などいつか自分の身に起こるかもしれない事を予防できるかもしれません。
時には女性の強い味方になってくれるピルですが、妊娠を望まないのであればきちんとその考えに添って行動をとるべきですね。血栓症のリスクを下げる為にも普段の生活環境を整える事を心がけましょう。